ホーム > 控除項目 > 雇用保険料

雇用保険料

控除項目のうち雇用保険料について確認していきます。

労災保険料は全額事業主負担となるため、個人の給与から控除することはありません。これに対して、雇用保険料は個人負担があり、給与から法律に基づいて控除する必要があります。

給与計算担当者としては、社会保険との違いも含めてきちんと理解しておく必要があります。

雇用保険率と個人負担

 雇用保険率は何%ですか?また、会社と個人負担は同額ですか?

雇用保険率と個人負担

従業員負担の雇用保険料の計算方法は?

従業員負担の雇用保険料の計算方法は?

従業員負担の雇用保険料の計算方法は?

雇用保険料の控除時期

今月分の給与から控除される雇用保険料はいつの分の保険料ですか?

雇用保険料の控除時期

労働保険料徴収・納付の仕組み

雇用保険料を毎月の給与から控除していますが、保険料徴収・納付の仕組みは?

労働保険料徴収・納付の仕組み

メニュー

RSS

 給与計算NAVI(オフィシャルサイト)は、Web標準準拠によるアクセシビリティを意識したサイト設計を心がけています。Valid XHTML 1.0!、Valid CSS!を達成しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! [Valid RSS]