ホーム > 控除項目 > 雇用保険料 > 従業員負担の雇用保険料の計算方法は?

従業員負担の雇用保険料の計算方法は?

従業員負担の雇用保険料の計算方法は?

雇用保険料は、賃金及び賞与を支払う都度、支払額に応じた金額を給与から控除することになります。

計算式=賃金(総支給額)×保険料率

この場合非課税通勤手当も含めて計算することに注意して下さい。

非課税通勤手当は税法上の取扱いと労働保険・社会保険上の取扱いが異なります。

雇用保険料の計算事例を紹介します。

例  A会社(一般の事業所)
10月分給与(9/21ー10/20分) 10/25日支給
基本給20万円、諸手当3万円、通勤手当2万円

雇用保険料の対象には、通手当ても含まれますので、250,000円が計算単価になります。また、一般の事業所の場合の本人負担分は0.6%です。

よって、250,000円×0.6%=1,500円が雇用保険料の本人負担となるので、1,500円を10/25日支給分より控除することになります。

建設業の場合は、250,000円×0.7%=1,750円となります。


このページは、2008年1月18日の記事です。

前の記事は「雇用保険率と個人負担」です。

次の記事は「雇用保険料の控除時期」です。

他にも多くのページがあります。メインページサイトマップもご覧下さい。

メニュー

RSS

 給与計算NAVI(オフィシャルサイト)は、Web標準準拠によるアクセシビリティを意識したサイト設計を心がけています。Valid XHTML 1.0!、Valid CSS!を達成しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! [Valid RSS]